Kanon prelude.買ってみた。見た感想は、「微妙で判断が難しい」。
公式サイト


クオリティはAIRから落ちているわけではないが、AIRはprelude DVDだけで圧倒されるものがあった。それは空気感。そして夏の雰囲気。
しかしKanon prelude DVDからは冬のそれを感じることが出来なかった。おそらくSDがための情報量欠如ではないだろう。
少なくとも製作者(京都アニメーション)の、Kanonの世界とそのキャラクターたちに対する愛情らしきものはDVDからはあまり感じられなかった。
このままでは涼宮ハルヒの憂鬱と同じく、「線がきれいでしっかりした造りのアニメ」で終わる。特に印象には残らないだろう。

本放送の10月5日に期待するばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です