室内で撮影すると色が合わない、というかディスプレイの表示と撮影したものを見比べながらなぜ色が合わないんだーという気分になることがあるでしょう。
そんなところを気にするあなたはすでにPhotoshopやLightroomを使い、ディスプレイはAdobeRGB対応の色管理できる中級機以上のはずで、たぶんX-Riteのi1 DISPLAY PROくらいは持っているでしょう。しかし色が合わないのです。

lr1954s
結論としてはカラーターゲットを写さないと色が合わないのでした(笑)。というわけでAmazonさんのタイムセールでわずかに安く売ってたColorChecker Passportを使ってプロファイルを作れば一発で合います。しかしこの写真を見ているあなたの環境で合っているかどうかは保証しません。あしからず。


ところで、ディスプレイの色合わせをやってる人はスマホとかタブレットでも色を合わせたいと思うでしょう。X-Riteの公式AndroidアプリColorTRUEとi1 DISPLAYを使えばディスプレイをi1で測定してプロファイルを作ることができます。効果はありますがAndroidではシステム全体で色管理する方法がないので意味があるかというと意味はほとんどないですが。
Playストアから落とせない場合はどこかでapkを落としてきてインストールすると動くかもしれません。上記は未対応機種なのかAndroidをアップグレードしたから未対応になってしまったのかわかりませんが、Playストアでは出てこなかったColorTRUEをapkでインストールしてi1 DISPLAYを認識しているSH-03G。要OTGケーブル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です