スマホでYouTube全盛の時代、HTPCなんて言葉ももはや死語に。ただAMDのFluidMotionは体験したかったのでRyzen APUを待つこと1年。各Webサイトでレビューが出尽くしたところでRyzen3 2200Gで入れ替えてみます。


入れ替え完了(早っ!)。
切り替え時間は約30分くらいでWindows10については先代HTPCのデジタルライセンスを移行して使っているので特に難しいところはなし。
とはいうものの、先代HTPCのLlano機では起動に問題なかったASKTECH NT-TX1000専用電源のNT-ZENODC100と100W(12V/8.33A)ACアダプタでは起動不能。picoPSU-160-XTと120WのACアダプタに交換して無事起動となりました。
メモリはDDR4-3200にしてあります。CINEBENCH R15と3DMARKのスコアは各Webサイトで紹介されている数値とさほど変わらないので問題ないでしょう。しかしBIOS(F22)ではcTDP設定のメニューが無いのだが未発売の35W版Ryzen3 2200GEのために削除しているんだったら嫌だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください