こんな感じでいとも簡単に折れる。何のために長年キートップの根元がフルカバーされていたのかを考える時期だ。写真はCORSAIR STRAFE RGB MX SILENT(ピンク軸)。

ピンバイスで中心に穴をあけて金属線を入れて瞬間接着剤かなー。
または1つだけスイッチを手配して分解するか(解説動画

スイッチオープナーを3Dプリンタでプリントしてしまう方法もあるが、スイッチを基板から取り外すのが面倒(プリント基板が老眼すぎて見えなぁい! ブルーライトがカットされてるあのルーペを買えばいけるのか?)

と思ったらMX Switch Top Removal Toolが買えるそうではないか! ためらうことなく手配。

Posted in PC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください