引き続きこちらを参考に、dynDNS.comに無償ユーザ登録してDDNSを使用したVPNアクセスを行います。

うちの環境はほとんどの人がそうであるように
internet—(WAN)Router(LAN)—HUB—PC,QNAP,etc,.
という感じになっているので、DDNSに対しWANアドレスが変更されたという更新通知を行うのはRouterの役目です(当たり前ですが上記構成でQNAPにDynDNSの設定を入れて通信させようとしてもエラーとなります。管理画面下にQNAPのWANアドレスが出ているのでDynDNS登録内容と比較しましょう)。
ルータのWZR-AMPG300NHはDynDNSかTZOにしか対応しないので、DynDNSにて登録を行います。登録情報をWZR-AMPG300NHに設定して手動更新をかけ、更新成功すればOKです(成功が帰ってくるまで20分くらいかかりました)。このルータのIP更新周期は最短1日のようです。QNAPのDDNS設定は最短10分をサポートしてましたが、このあたりは仕方ないですね。出先でQNAPにアクセスできなくなったら、24時間後に再チャレンジしろと(笑)。

あとはクライアント側(PM)で先に紹介したリンク先の QNAP を Internet からホスト名でアクセスしたい の通りに設定するだけです。名前解決だけの問題なので、IPアドレス部分をドメイン名に差し替えるだけでOKとなります。一応、ドメイン名に対してpingを打ってみてきちんと変換されているかどうかは確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です